妊活ドリンク 若榴da檸檬

若榴da檸檬

CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

CATEGORIES

archives

2018.03.31 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.06.11 Thursday

    産婦人科からのお知らせ!葉酸サプリの摂取時期について

    0

      葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への積極的な摂取がもとめられています。

      病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もある沿うですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。


      とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいらっしゃいますよね。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。
      例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多くふくまれていますから、普通の食事を摂っていたならば、多少は葉酸を摂れていたと思います。

      胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

      それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠3か月までだと言われていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要な栄養素なので、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられるのです。

      葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
      妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
      ですが、それでかえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も簡単に管理出来るのですから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には最適な方法だと言えますね。

      今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを厚生労働省が通知を出しています。葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告がありますのです。


      サプリメントによる補給もおススメですが、添加物による胎児への影響を考えてみると、不自然なものは摂取しない方が良いでしょう。


      ですから無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。

      葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。
      葉酸を自然な食べ物をとおして摂取しようと葉酸を多くふくむ代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も多いと思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
      一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が十分に摂取できていないかも知れませんから、注意してください。

      近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。
      葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素であると御存知ですか?普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事での摂取が辛い時もありますよね。そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。葉酸はサプリメントなどの栄養補助食品を飲めば適切な量の葉酸を摂取できるという所以ですね。

      妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取がもとめられています。

      葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
      そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。

      受胎時から初まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった婦人科面での要素と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側の原因とが考えられるでしょう。

      原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。
      きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女一緒に検査を受けることが必要です。


      << | 2/3PAGES | >>