妊活ドリンク 若榴da檸檬

若榴da檸檬

CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

CATEGORIES

archives

2016.09.19 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2015.06.18 Thursday

    着床前診断しても出産率同じ…追跡調査で判明

    0
      流産を繰り返す夫婦に対して認められている「着床前診断」を受けても、診断を受けなかった人と出産率が変わらないという研究結果を、名古屋市立大とセントマザー産婦人科医院(福岡県)などのチームが、17日付の米科学誌「プロスワン」に発表する。【下桐実雅子】

      着床前診断は受精卵の特定の染色体を調べ、異常のないものを子宮へ戻す。日本産科婦人科学会(日産婦)が2006年から染色体の異常が原因で流産を繰り返す人への実施を容認。一方、「命の選別につながる」との批判もある。

      チームは、流産の原因が染色体の一部が入れ替わる異常と判明した夫婦を対象に、着床前診断を希望した37組と自然妊娠を選んだ52組を約8年追跡した。両グループとも、女性の平均年齢は約30歳、流産の経験は約3回。

      その結果、着床前診断を受けて出産した人は67.6%(25人)で、自然妊娠の65.4%(34人)と差はなかった。妊娠までの期間も着床前診断が12.4カ月、自然妊娠が11.4カ月だった。流産は着床前診断が0.24回、自然妊娠が0.58回と、診断を受けた人の方が少なくなった。

      チームの杉浦真弓・名古屋市立大教授(産科婦人科)は「着床前診断は費用も高額。出産率が自然妊娠と差がないことを、事前のカウンセリングできちんと説明すべきだ」と話す。日産婦は、流産を繰り返す女性を対象に、受精卵のすべての染色体を調べる「着床前スクリーニング」の臨床研究を今年度中に始める予定で、出産率が向上するのかなどを検証する。(毎日新聞)


      染色体異常で流産してしまうことは現状で起こってしまうことです。染色体異常を回避する為に、妊活・妊娠前に準備が大切になります。
      準備の1つとして食生活を見直し、健康な体作りが必要不可欠でしょう。

      染色体異常を軽減する栄養素として葉酸があります。


      母子手帳にも1日の葉酸摂取量は400μgと記載されています。

      ただ、食事から葉酸を摂ることはかなり大変なことで、ストレスに感じてしまう場合もあります。
      健康な体を作ろうとしているのにストレスを感じてしまっては逆効果になりかねませんね。


      そこで手軽に摂取できる葉酸入りサプリメントをご紹介します。


      葉酸サプリは妊活・妊娠前はもちろんですが、妊娠初期のつわりが酷く体調が良くないときでも無味無臭で飲みやすい小粒なので、ストレスなく飲むことができます。


      ご紹介している葉酸サプリは無添加・無香料の水溶性ビタミンの葉酸のみを使っています。
      水溶性ビタミン(βカロチン)は過剰摂取による副作用を心配する必要はありません。水溶性ビタミンは体内に蓄積することなく尿として排出されるからです。


       
      おすすめ葉酸サプリ

       

      ❤美的ヌーボプレミアム❤
      biteki
       

      ❤ベルタ葉酸 葉酸サプリの王道❤
      belta

       

      ❤PolePole葉酸サプリ 不要な成分カット❤
      polepole
       

      ❤AFC モノグルタミン酸型葉酸配合❤
      afc
       

      元気な赤ちゃんを授かれますように、心から応援しています。

























       


      2016.09.19 Monday

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • -
        • -

        コメント
        コメントする